スポンサードサイト

レディースキャッシングと抵当ローン


消費者信用において「定性分析」という場合は、与信判断の基準の1つを指し、
「返済意思の強さ」を分析することをいう。
「定量分析」が、いくらまで貸せるかを
判断する分析作業であるのに対し、定性分析は、
まず「貸せるか、貸せないか」を判断するものであるといえる。

抵当権(mortgage, affection, hypothec)
民法369条以下の規定で、債権者が担保物件
(抵当物件)の引き渡しを受けずに、抵当権設定者(一般的には債務者または保証人)に
使用させておき、万一被担保債権の弁済がなされない場合に、
その担保物件を競売などの方法で換価する。
優先的に債権の弁済を受けることを目的とする担保物権。
「質権」と違って留置効力は持たないため、
弁済期まで債務者もしくは物上保証人の手元に、
目的物の占有を残しておくことになる。→質権

抵当証券(mortgage securities)
抵当証券法(1931年)に基づいて、
抵当権と被担保債権の両者を化体した一種の有価証券。
具体的には、長期資金(一般に10年以上)の調達を希望する個人事業主や中小企業に対し、
抵当証券会社が必要資金を融資し、キャッシングを行う。
その資金(融資額)と同額の抵当証券を国(登記所)から発行してもらう。
抵当証券会社はこの抵当証券を少額単位のモーゲージ証書にして、
一般消費者に販売する仕組みになっている。
なお、1987(昭和62)年12月にキャッシングが開始された。
「抵当証券業の規制等に関する法律」が公布され、
抵当証券業者の登録制度が義務づけられた。

抵当ローン(mortgage loan)
担保として不動産への抵当権の設定を条件に行う金銭の貸付。
通常、定期積金は、金融機関による掛金集金を原則とし、
取扱い金融機関。

無利息キャッシング
posted by webキャッシング at 03:04 | レディースキャッシング用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。