スポンサードサイト

信販系キャッシングとリース信用保険

リースアップ(lease up)
リース期間が満了すること。

リースアップ物件(lease up things)
リース期間が満了した物件のこと。
一般に、リースアップ物件は、再リースされるか、
または中古市場が成立している場合は中古市場に売却される。

リース期間(lease period)
1978(昭和53)年7月の国税庁通達「リース取引に係る法人税及び所得税の取扱いについて」によって、「リース期間」の設定については以下のように規制されている。
「当該リース物件の法定耐用年数が10年以上の場合はその60%以上、
10年未満の場合はその70%以上とする(例えば、法定耐用年数が9年の機械をリースする場合、6年以上のリース期間を設定しなければ、リース取引として認定されない)」。

リース・クレジット債権流動化法(Lease-Credit Securitization Law)
正式名称は「特定債権等に係る事業の規制に関する法律」。
1992(平成4)年制定の法律。これによって、リース、信販、クレジットカード(分割払い、リボルビング)等の債権を証券化する道が拓かれた。

リース信用保険(credit insurance for lease)
中小企業の設備近代化、機械工業やソフトウェア業の振興を図ることを目的として、
機械類信用保険法に基づいて中小企業信用保険公庫がリース契約の信用事故によるリース会社の損失の半分を補項する政策保険。

リースバック(lease back)
セールアンドリースバック(sale & lease back)
のこと。自己が保有している物件をいったんリース会社に売却して、
改めてその物件をリース契約で借り受ける形の契約。
主に、資金繰り対策として用いられる。
posted by webキャッシング at 20:46 | 信販系キャッシング用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。