スポンサードサイト

クレジットカードキャッシング用語5

公共部門、民間部門(企業部門)、家計部門、
および海外部門の4つの経済主体から成り立つ。
家計部門の消費支出のことを民間最終消費支出
という。最近の日本では、民間最終消費支出が
GDP(国内総生産)の約6割を占めている。
→収入、支出

家計消費支出(house hold consumption
expenditure)
家計における支出のうち、実際の消費(食料・
住居・交通通信・教育などための消費財やサービス)のために支出される金額のこと。
可処分所得に消費性向を掛け合わせたもの。
一般に「生活費」と呼ばれる。
これに対し、税金、健康保険料など社会保障の分担金を総称して
「非消費支出」という。→支出

貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)
(Money-Lending Business Control and Regulation Law,
Regulation for Loan Business in Japan)
1983(昭和58)年4月28日成立、同年5月13日公布、
同年11月1日に施行された法律。
この法律と同時に改正された「出資法」と合わせて、
「貸金業規制二法」と呼ばれる。
貸金業規制法の骨子は、
@ 金業を行う者は事前に大蔵大臣または
都道府県知事に登録することを義務付け(登録制)

会員サービス(services for card members)
クレジットカード会社が、カード会貝に提供する各種のサービスのこと。
航空会社、ホテル箏の予約、通信販売、税務相談、
カード紛失時の即時再発行。
外貨準備高(foreign currency reserves)
政府、中央銀行が保有している金及び外貨の残高。

学生 専用 キャッシング
主婦 キャッシング
posted by webキャッシング at 02:00 | TrackBack(0) | クレジットカードキャッシング用語集

クレジットカードキャッシング用語6

特別会員(very important person)用のカード。

不均等払い(irregu1ar instan payment)
クレジット利用者の収入形態や季節性(農業などの場合)に応じて組み立てる、
不均等な分割返済計画。

賦金率(distribution ratio, coefficient of capital collection)
元利均等返済において返済回数と
金利(実質月利またはアドオン月利)が定まっている時に、
毎月の元利定額返済額を求めるための、
当初元本に掛け合わせる乗率。
当初元本に当該賦金率を乗ずると、
毎月の返済額が自動的に算出される。
また、賦金率は「資本回収係数」とも呼ばれる。
これは、]定の資本を投下(融資)した場合、
一定の収益率(月利)を確保するためには、
毎月いくらの資本を回収したらよいかを算出するための係数(乗数)である。
賦金率は、一般に割賦販売業者や金融業者が、
毎月の元利均等返済を算出するのに用いる。
→元利均等返済

含み損益(unrea1ised profits and losses)
有価証券や土地等の資産が値上り(または値下り)すると、
会計上の原則により取得価格のまま据え置かれた帳簿上の価額(簿価)と
時価に差が生じる。
その資産を売却せず保有し続けることによって生じる損益のこと。

複名手形(doubIe-name papar, two-name paper)
一通の手形の手形上の支払責任者(振出人、裏書人、引受人、保証人)が
2名以上の手形のこと。
手形振出人と手形引受人の両者が支払責任を負う為替手形形式の商業手形が代表例。
→手形、単名手形

副本(counterpart)
正本に対応し、本来の目的以外の目的に用いるために作成する文書。

複利(compound interest)
金利の計算方法は、資金の貸借期間に比例されているものとする。

キャッシング 申込

学生専用キャッシング
posted by webキャッシング at 04:14 | TrackBack(0) | クレジットカードキャッシング用語集

クレジットカードキャッシング用語5

ファンドビジネス(fund business)
資金の運用・調達という、金融機関本来の業
務。=フィービジネス

フィービジネス(fee business)
各種の便宜を供与し、その対価として手数料等の報酬を得るサービス業務のこと。
従来からみられる金融機関という。


フィービジネスとしては、
内国為替、口座振替、貸金庫、外国為替といった業務が挙げられるが、
最近では社債受託等の証券関係業務やスワップ、オプション
を利用したコーポレートファイナンスも増えてきている場合もある。


さらに海外店における企業買収・提携に係る斡旋業務(M&A,LBO)といった
新しいタイプのフィービジネスが注目されつつある。
BIS自己資本比率規制の導入を背景として、
資産の増加を伴わないフィービジネスの重要性は相対的に高くなっている。
→ファンドビジネス

これらの預金は事実上引き出すことができないため、
「拘束預金」と呼ばれることもある。
これが濫用されると貸出実効金利を高めたり、
預金額の水増しをしたりすることもできるため、
大蔵省の行政指導等により、
これまで銀行間の申合せにより、
その濫用が自粛されている。
→両建て

不当景品類および不当表示防止法
(Act axainst Unjustifiable Premiums and Misleading Representations)
「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関す
る法律」の特別法。1962(昭和37)年制定。

不動産(real estate, fixed proerty, immovab1e property, real property)
土地および土地に定渚する建物を「不動産」
といい、これ以外の物はすべて「動産」とみなす(民法86条)と定義されている。

不当利得(unjust enrichment)
法律上の原因がないのに、他人の財産や労務によって利益を受け、
そのために他人に損失を与えた者は、
この利益を不当利得として損失者に返還しなければならない。
不当利得が生じる場合には、利得が損失者の給付行為に基づく場合と基づかない場合とがある。

レディース キャッシング
カード キャッシング
posted by webキャッシング at 04:10 | TrackBack(0) | クレジットカードキャッシング用語集

クレジットカードキャッシング用語4

機関誌・レストランガイド等の発行など、多岐にわたっている。

開運商法(1uck sa1es)
印相、家相、手相、姓名判断などをからませて、
相手の不安につけ込む形で印鑑や壷などを売り付ける、悪質商法の手口の1つ。

海外アシスタンスサービス(overseas travel assistance service)
海外旅行先などの現地で、カード会員に対して日本語により提供される各種サービス。
サービスメニューとしては、緊急医療サービスやカード紛失・盗難時の緊急再発行、
観光案内や加盟店、キャッシングサービスに関する案内などが代表的。

海外カードネットワーク(international credit card network)
国際カードブランドの元締組織であるVISAインターナショナル、
マスターカードインターナショナル、ダイナースインターナショナル、
アメリカン・エキスプレス、JCBインターナショナルなどのネットワークをいう。
これらのネットワークは、いずれも世界市場を相手にグローバルなネットワークを展開している。

海外キャッシュカードサービス(international cash card service)
→国際キャッシュカードサービス

海外キャッシングサービス(international cashing service)
クレジットカードを使って、海外でCD(キャッシュディスペンサー)による
キャッシングが受けられるサービス。

買掛金(accounts payable)
商品、原材料などを購入して品物は手に入れたが、
まだ代金を支払っていない金額。
支払手形と合わせて「購入債務」という。
営業上の短期の未払い金である。
一方、品物を売って相手に渡したが、
代金を受け取っていないという営業上の未収入金を「売掛金」という。
→売掛金

主婦 キャッシング
無利息 キャッシング

posted by webキャッシング at 14:01 | TrackBack(0) | クレジットカードキャッシング用語集

クレジットカードキャッシング用語3

すべてのカード会社に紛失(または盗難)
届けを出してもらえるサービスのことで、
この種のサービスを行う会社を、
カード登録会杜という。
クレジットカードセンチネル(CCS)などが代表的。
なお、わが国では潟Vー・アイ・シー(CIC)が
一部のカードに限ってではあるが・同種のサービスを行っている。

カードネットワーク(credit card network)
国内で「カードネットワーク」という場合は、
クレジットカード会社とカード加盟店との間で
信用照会情報や売上情報などの
「中継サービスを提供するシステム」をいう。
1996(平成8)年、信用照会端末や力一ドネットワークの自由化、
国際化が進められた。
この結果、これまではCAFIS単一体制であった力一ドネットワークが、
CAFISネット、VISAネット、Jネット、
マスターネットの4社体制になった。
→CAFISシステム、VISAネット、Jネット、マスターネット

カード犯罪(card crimina1 fraud)
他人使用(盗んだり拾ったりしたカードの使用)、
不正使用(返済の意思がないのに換金目的商品を購入するなど)、
変造、偽造、不着(郵送途上、または郵便箱からの抜取りなど)などの、
カードに係る犯罪のこと。日本では、
1980年代末から「偽造カード」犯罪が急増した。
なお、日本ではクレジットカード会杜は、
損害保険会社との提携で「カード保険制度」を設けており、
カード会員を第三者の不正使用から保護している。→CVV,CVC

カード不正便用(unauthorized use of another's card)
力一ドを偽造・盗難したり、詐欺を働き、
不正にカードを使用すること。
カードの盗難や詐欺にあった本人。

カードローン 比較
カード キャッシング

posted by webキャッシング at 13:51 | TrackBack(0) | クレジットカードキャッシング用語集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。