スポンサードサイト

レディースキャッシングとスピードキャッシング

貯蓄が目的ではなく、小切手が現金同様に流通する便利さのため利用される。
なお、当座預金は1944(昭和19)年以来、無利息とされている。
→要求払預金

倒産(bankruptcy)
企業が資金繰りに失敗し、経営を続けられなくなること。
「倒産」という言葉には、厳密な法律上の定義はない。
一般には、
6ヵ月以内に2回の不渡り手形を出して銀行取引停止処分になる
会社更生法の適用申請を出す
商法上の会社整理に入る
和議法に基づく会社整理に入る。
破産法による整理に入る
破産法による強制和議を行う
法律によらない内整理、任意整理に入る
などに該当するとき、これらを総称して「会社の倒産」という。
民法177条は、「不動産に関する物権の得喪及び変更は、
登記法の定める所に従い、その登記を為す。

動産(movable property, movables, personal
estate, chattel)
不動産(土地および土地の定着物)以外の資産。
不動産

動産坦保貸付(chattel loan, personal security
loan)
動産を担保にした貸付。

投資信託(investment trust)
多数の投資家が特定の専門家に資金の管理・運営を委ね、
安全かつ有利な利益を期待しようとする制度。
形態は国、時代によりさまざまである。
わが国の場合、1951(昭和26)年制定の
「証券投資信託法」に基づいて発足した。
投資対象は株式・公社債等の有価証券で、
投資家から集められた資金で作られた信託財産の運用は専業の投資信託委託会社が行う。
その指図に従い信託銀行が管理・処分を行い、
販売や換金は証券会社が当たっている。
運用対象が公社債のみであるか、
株式を含むかによって公社債投信と株式投信との二つに大別され、
前者が安全性を重視するのに対し、後者は収益性を目指している。→MMF

スピードキャッシング 人気スピードキャッシングナビ
posted by webキャッシング at 02:14 | レディースキャッシング用語集

レディースキャッシングと抵当ローン


消費者信用において「定性分析」という場合は、与信判断の基準の1つを指し、
「返済意思の強さ」を分析することをいう。
「定量分析」が、いくらまで貸せるかを
判断する分析作業であるのに対し、定性分析は、
まず「貸せるか、貸せないか」を判断するものであるといえる。

抵当権(mortgage, affection, hypothec)
民法369条以下の規定で、債権者が担保物件
(抵当物件)の引き渡しを受けずに、抵当権設定者(一般的には債務者または保証人)に
使用させておき、万一被担保債権の弁済がなされない場合に、
その担保物件を競売などの方法で換価する。
優先的に債権の弁済を受けることを目的とする担保物権。
「質権」と違って留置効力は持たないため、
弁済期まで債務者もしくは物上保証人の手元に、
目的物の占有を残しておくことになる。→質権

抵当証券(mortgage securities)
抵当証券法(1931年)に基づいて、
抵当権と被担保債権の両者を化体した一種の有価証券。
具体的には、長期資金(一般に10年以上)の調達を希望する個人事業主や中小企業に対し、
抵当証券会社が必要資金を融資し、キャッシングを行う。
その資金(融資額)と同額の抵当証券を国(登記所)から発行してもらう。
抵当証券会社はこの抵当証券を少額単位のモーゲージ証書にして、
一般消費者に販売する仕組みになっている。
なお、1987(昭和62)年12月にキャッシングが開始された。
「抵当証券業の規制等に関する法律」が公布され、
抵当証券業者の登録制度が義務づけられた。

抵当ローン(mortgage loan)
担保として不動産への抵当権の設定を条件に行う金銭の貸付。
通常、定期積金は、金融機関による掛金集金を原則とし、
取扱い金融機関。

無利息キャッシング
posted by webキャッシング at 03:04 | レディースキャッシング用語集

キャッシングと代物返済

第三者弁済(the third person's repayment)
当事者が反対の意思を表示している条件の下で、
債務者以外の第三者が債務者に代わって債務を弁済すること(民法474条)。

賃借対照表(balance sheet)
ある一定時点(通常は決算期末)における企業の財務内容を示す計算書。
損益計算書とともに、財務諸表の基本をなしている。
左側の資産(assets)の部(または借り方=debitともいう)と、
右側の負債・資本(liability & shareholders'equity)の部(貸し方=creditともいう)から成る。
損益計算書

第二地方銀行(Second Association of Regional Banks)
旧相互銀行から発展した。
銀行形態。
第二地方銀行協会加盟行。
相互銀行(mutual saving banks)は、
伝統的な庶民金融機関であった無尽会社から、
相互銀行法(1951年施行)に基づいて転換した中小企業金融専門機関。
1988(昭和63)年5月に出された金融制度調査会ともいう。
答申「相互銀行制度のあり方について」に基づいて、
相互銀行は1989(平成元)年2月1日から順次、普通銀行に転換を行った。
これに伴って、全国相互銀行協会も同年2月1日に「第二地方銀行協会」として再スタートする必要があった。
相互銀行から普通銀行に転換した各行が加盟することとなった。

代物弁済(accord and satisfaction, payment in substitution)
債務者が債権者の同意を得て、本来の債務の弁済に代えて、
他の物(代物=substitute)を債権者に譲渡、給付し、
これによって債権を消滅させる。
弁済と同一の効力を有することをいう(民法482条)。
不動産担保については、代物弁済の予約を取り交わすこともしばしば行われる。
かつては、こうして債務者が取得した代物弁済物は、
その価値が債権額を大きく上回っている。
posted by webキャッシング at 01:25 | レディースキャッシング用語集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。